包茎手術後の過ごし方!方法によって制限解除時期が異なる

用法用量を厳守

ドクター

安全のレビトラを服用したいなら、東京のクリニックに処方してもらうのが望ましいです。不要な負担をかけずにEDの症状を改善傾向に持っていきたいなら、医師が指示したとおりの用法容量を守りましょう。

食事はあっさり目に

カウンセリング

福岡の一部クリニックには、ジェネリック製のレビトラを扱っているクリニックが存在します。処方されたら、事前に適切な服用タイミングとコツを把握しておくのも大切です。

乾燥式と湿潤式の違い

カップル

包茎手術は、あくまで外科治療に部類されるものです。亀頭にまとわりついている皮を一気に引き剥がすような治療ではありません。麻酔やメス、針・糸を使用するので、施術完了後のダウンタイムが重要となります。包茎手術を受けた後、ある程度生活に制限がかかってしまいます。ちゃんと制限を守れば、2ヶ月以上経過しても陰茎の手術跡も目立ちにくくなります。千葉のクリニックで包茎手術を受ける場合、治療方法は勿論ですがダウンタイム中の制限が解除される頃合もチェックしておきましょう。

千葉のクリニックで包茎治療を受けたあと、気になるのがシャワーに入れる時期はいつ頃なのかです。実は、治療方法によっては問題なくシャワーを浴びれる頃合が異なります。乾燥式の方法だと、手術後8日あたりから、湿潤式なら手術後3日あたりから浴びれます。包茎手術の方法によっても、正常に体が洗える時期が違ってくるのです。ちなみに、包茎手術後は性行為や自慰行為が出来るようになるのが、乾燥式だと21日あたりからで湿潤式だと14日あたりで行なえられます。ちょうど、施術跡も正常にくっつく頃合なので、上下にさすっても出血する可能性が低くなります。

治療方法によって、シャワーが浴びれる時期や縫合箇所が正常にくっつく頃合に差が生じます。どっちが、自身にとって適切な包茎手術法なのか知りたいなら、千葉のクリニックに所属する専門医師と十分に相談をした上で決めるのが望ましいです。

安心のクリニックを見つける

男性と女性

EDとは、性的な刺激が脳から発せられても、陰茎海綿体に十分な血液が送り込めなくなり、萎えてしまう症状を指します。名古屋などのクリニックを利用すれば、安全性の高い薬剤を処方してくれます。